日本共産党 公開質問状の回答を無視

Uncategorized

※この記事を読むのに必要な時間は約0分58秒です。

日本共産党埼玉県委員会 及び 日本共産党埼玉東部南地区委員会が作成し、日本共産党草加市委員会名で配布した「明るい草加2020年11月号外」の記事中、事実に基づかない記述が多々あることから、日本共産党埼玉県委員会 及び 日本共産党埼玉東部南地区委員会に対し、公開質問状を送付しました。

しかし回答記述の2020年12月25日を過ぎても回答はなく、年が明け1月10日になっても回答はありませんでした。 

虚偽の事実で除籍を強行し、党が刑事罰が必要な「強制わいせつ」や「パワハラ問題」の隠ぺいを強要し、離党届に至った経緯や除籍に関わる党の問題点を指摘したものは一切無視です。これが国会に議席の持つ政党の姿ですか。

この対応は日本共産党を支持した有権者、市民を冒涜するものです。わたしはとことん戦います。

PDF版はこちら

タイトルとURLをコピーしました