難聴者のための補聴器助成制度の
実施を求める請願書 採択

議会報告

※この記事を読むのに必要な時間は約0分55秒です。

 9月26日(月)、議会最終日に採決された請願第一号「難聴者のための補聴器助成制度の実施を求める請願書」が全会一致で採択されました。
私、斉藤雄二は請願の筆頭紹介議員として、請願採択にあたり、議会内での調整を行いました。

 同請願が求める「補聴器助成制度」は、令和元年9月定例会で私、斉藤雄二が一般質問を行い制度を創設するよう求めています。また同議会では、同会派の佐藤憲和議員が国に対し「加齢性難聴者の補聴器購入に対する公的助成のあり方について検討を進めるよう求める意見書」を提出し、全会一致で採択されています。

請願代表者からのメッセージ

議会で請願を通していただくことができました。
これの基づいて草加市で本当に制度を実施してもらいたいです。

請願代表者        
草加の社会保障をよくする会
会長 新間さん

タイトルとURLをコピーしました