浅井市長は”田中市政の継承”を逸脱したのではないか

草加市草加市

※この記事を読むのに必要な時間は約1分16秒です。

令和3年2月定例会 代表質問

斉藤
斉藤

田中市政の基盤を継承するという発言の意味は?

浅井市長
浅井市長

「子育てするなら、教育を受けるなら草加と言われるまち」、「高齢者や障がいのある方が安心して暮らせるまち」、「将来に夢を持てる魅力と活気あるまち」の
実現を目指し取り組まれた様々な施策を継承し、少子高齢化の進行による人口減少社会を迎える中でも「選ばれるまち」となれる魅力を創出していきたいというものです。

斉藤
斉藤

令和3年度の予算にどのように反映したのか

浅井市長
浅井市長

財源の根幹となる市税の大幅な減少の中で、市民の皆様に安全・安心をお届けし、先の課題を見据え、将来世代のニーズにも応えることができる事業展開を図っていくことを目的として、予算を編成いたしました。

斉藤
斉藤

敬老祝い金77歳カット、おむつ支給事業の縮減など福祉政策がカットされている。田中市政は「事業カットをしない」ことも特徴の一つだった。田中市政の継承を逸脱したのではないか。

浅井市長
浅井市長

・・・(無回答)

田中市政の継承を逸脱したのではないかと指摘したことに対し、浅井市長は答弁することはできませんでした。

タイトルとURLをコピーしました